Public Writing-Modes Translation Project


About

This is a translation project to produce an official Japanese translation from the latest Writng Modes spec (https://www.w3.org/TR/css-writing-modes-3/). This includes developing an official glossary, reviewing EtoJ translation, and maintaining high translation quality.

手順

We are planning 6 steps:

  1. Study any Japanese versions of Writing Modes based on previous specs, contact the translators, and examine if we can base them.
  2. CSSWG members to review the existing translation (found in step 1 above), apply necessary improvements to the sentences. Also, discuss the terms to be used (glossary). Tools in this step will be Google Spreadsheet, with English on the left cells and Japanese on the right cells. The sheet will be in public and anyone can leave comments about the translations and glossary. [Skipped. Will be done during translation]
  3. Convert Translation Memory (TM), glossary, and the latest Writing Modes spec into a translation tool. The translation tool will be Google Translator Toolkit (GTT). [DONE]
  4. <'current work''> Conduct translation using GTT.
  5. CSSWG members to review the translated segments after task 4 or during task 4.
    • Use the commenting function in GTT, or copy&paste the sentences on the mailing list to discuss.
  6. Publish the document as the official Japanese version.
    • GTT will output as HTML. A work fixing tags will be required.

Schedule [2016-05-26 updated]

AprilTranslation Memory (TM) を翻訳ツールに取り込む完了
MayTranslation on GTT, chapter 1 through 2In Progress
JuneTranslation on GTT, chapter 2 (continued) through 4
JulyTranslation on GTT, chapter 5 through 7
AugustTranslation on GTT, chapter 8 through 9, plus appendix
SeptemberConversion to HTML and review
OctoberFinalize as HTML and publush

How to join [2016-05-02]

Current task [2016-05-11 updated]

進捗が見えやすくなるように、翻訳作業を実際に進めながら、レビューを並行して進めるフローにいたしました。

1. Google Spreadsheetに、ベースバージョンの英語と日本語の翻訳を並べてありますので、現状どのように翻訳されているかご覧ください。アクセス権はパブリックです。 https://docs.google.com/spreadsheets/d/1sXd7EG13JGeOBufPbbAYjFKKzMVll1N6H2As2ywHLmQ/edit?usp=sharing また、用語集のファイルもこちらに作成してあります。翻訳時に随時、必要な用語を相談し追記していきます。 https://docs.google.com/spreadsheets/d/11ydmYRGZXWGjWYnyLb0adB9z5kG-8ezXGxte9QQ0GW0/edit#gid=0

現状の翻訳についてのご意見を募集しますので、みなさまぜひ投稿お願いいたします。 投稿先は writing-modes-translation-ja@googlegroups.com にお願いします。 合意できた訳文については、投稿から翻訳コアメンバーが拾ってシートに反映します。

投稿の例:

英:Han-based systems are commonly written using a left-to-right inline direction
with a downward (top-to-bottom) block flow direction, or a top-to-bottom inline direction
with a leftward (right-to-left) block flow direction.
日:ハン語を基本としたsystemでは、一般的に下方向(上から下)の行送り方向で、左から右の字詰め方向 か、
左方向(右から左)の行送り方向で、上から下の字詰め方向を使って書かれている。 

コメント:「ハン語」はそういう言語のことではなく、中国語や日本語などの「漢字文化圏の書記体系」の意味ですよね。
下記のような翻訳がいいですね。

修正案:漢字を基本とした書記体系では、一般的に下方向(上から下)の行送り方向で、左から右の字詰め方向か、
左方向(右から左)の行送り方向で、上から下の字詰め方向を使って書かれている。 

こうした投稿をいただいて、合意できた訳文については、投稿から翻訳のコアメンバーが拾って最新版の翻訳のほうに反映します。

2. 新規部分の翻訳とレビューに参加いただける方は、junichi.chiba.bps@gmail.com に Google アカウントをお知らせください。翻訳ツールのアクセス権を付けます。

3. 翻訳ツールへのアクセス権が付くと、Google Translator Toolkit上に置いた翻訳対象文書にアクセスできるようになります。 https://translate.google.com/toolkit/workbench?did=00df2zu00uewgn2rmwao&hl=en

コメント機能、既存の訳文の編集機能、未翻訳の文の翻訳登録などが使用できます。

4. 対象文書の中で、すでに翻訳の入っている箇所は、旧版からの流用や、誰かが新規に翻訳した箇所です。 メーリングリストで旧版についてのレビュー投稿があった場合、コアメンバーがここに反映します。 気になる箇所がある場合、コメント歓迎いたしますので、メーリングリストで投稿お待ちします。

5. 未翻訳の箇所について、協力いただける方は、メーリングリストでどの部分を翻訳するか周知の上、編集ください。

6. 翻訳作業が全体的に終わったら、HTML形式に変換し、パブリックな場所に配置します。

スタイルと用語集について

以下の表記ルールに従って、わかりやすく誤解のない表記にします。

  • 日本語の全般的な表記については、JTFによるガイドラインに従います。
  • カタカナ語については、JTCAの外来語表記ガイドラインに従います。
  • JIS Z 8301も翻訳中に参照し、必要に応じて従うことにします。
  • 用語集は、翻訳の進行中に随時作成します。JIS Z 8125、JIS X 4051、「日本語組版の要件」で使われている表記を参照します。
  • 迷った場合や、複数解釈がある場合、メーリングリストで相談しましょう。

文章全体のスタイルおよび一般語の表記

  • JTF(日本翻訳者連盟)スタイルガイド

https://www.jtf.jp/jp/style_guide/styleguide_top.html

https://www.jtf.jp/jp/style_guide/pdf/jtf_style_guide.pdf

  • JTF標準スタイルガイド12のルール

スタイルガイドが取っ付きにくい、と感じる人は、「JTF標準スタイルガイド12のルール」がA4で1ページにまとまっているので、まずはこれだけ目を通しましょう。

https://www.jtf.jp/jp/style_guide/pdf/jtf_style_guide_rule12.pdf

カタカナ語のスタイル

(一財)テクニカルコミュニケーター協会によるガイドラインの最新のものです。表題のとおりカタカナ表記について記述されており、また表記例も末尾に示されていますので、一つの指針になります。

技術用語のスタイル

技術的な資料として文章の正確性を確保するため、JIS Z 8301の、特に下記の附属書を参考に、誤読のおそれのない明瞭な表記をするようにします。

  • 附属書G(規定)文章の書き方、用字、用語、記述符号及び数字
  • 附属書H(規定)規定を表す言葉の表現形式
  • 附属書I(規定)数値・量記号・単位記号・式

用語集

組版関連の用語については、JIS Z 8125、JIS X 4051、「日本語組版の要件」等の本文で通常使用している用語表記に従うものとします。

  • 用語集はGoogle Spreadsheetにて、公開で書き込みができるようにしておきます。翻訳作業時に、随時記入しましょう。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/11ydmYRGZXWGjWYnyLb0adB9z5kG-8ezXGxte9QQ0GW0/edit#gid=0

一般語の漢字やカタカナ表記が、組版関連の参照物と衝突している場合は、メーリングリストで協議しましょう。